北タイの農村で生活して「伝えようとする力」が倍になったお話

スポンサードリンク

みなさんこんにちはん🐢

かめりさです!

みなさんは、相手に言葉が伝わならかったような経験はあるでしょうか?

私は、北タイカレン族の農村で半自給自足の生活をしていて、相手に言葉が伝わらないことがめっちゃすごいマジでかなりガチで頻繁に1日30回くらいのペースであったので、今日はその話をしたいと思いますw

相手に言葉が通じない大きな原因として、てかほとんどの原因として、「言語の壁」があります。

言葉が通じない経験をして初めて、ここは異国だ!!!!!って思う人も多いのではないかと思います。私の場合はタイでしたが、どこの国にいてもこれって共通してますよね 😥

始めのころはタイ語があまりにもつたなくて、人と意思疎通ができなくてできなくて、まじでできなくて、まじで泣きそうでしたwww

なんど「はい?いまなんて?(一一”)??かめりさもうやってけねえぜ・・・」って思ったことか(笑)

ですが、そう思ってても1ミリも成長なんかしません。。。。

なぜなら、人間関係を構築する上で「コミュニケーション」は必須なので、コミュニケーションを確立しないと人間関係を作ることすらできないからです

それで、うまくコミュニケーションをとるって難しいって思いがちだけど意外と単純だってことに気づいたのである!!

そのポイントは。。。↓

ポイント
とにかくとにかくとにかく伝える、そして、理解しつづけること。

わかんない単語があったり、意思疎通ができないときって自信なくしちゃうし、たとえそれが合ってることでも「えっ、これでいいのかな~~でもな~~なんだこいつって思われたらやだな~~~~~~~?」って不安になっちゃいますよね 🙁

でも、安心してください、慣れない環境にいたら、それが当たり前なのです!!

わたしみたいな、言葉が通じなくてもなんとかやっていけるっしょ!!!!!!的なノリの人でも、何度も何度も通じないと精神的にもやられるし、結構おちこんでしまうんです💩w

なので、かっこ悪くても、ボディーランゲージをしたり鈴木奈々並みに身振り手振りをして、伝えようと努力することが大切です。

そうすることで、相手も知りたい意欲があるんだなと思って教えてくれるし、私はその必死さが面白いと思われて相手が笑ってくれて仲良くなれました(笑)!

これは、言葉の壁に関することじゃなくても言えることだと私は思います。

新しい会社に入って、先輩や上司を恐れて質問できず、わかんないことをわかんないままにしちゃうと人間関係も作ることが出来ないし、なにも成長できません 🙁

タイから帰って来て、コミュニケーションをとるという事、伝えるという事の重要さを身をもって感じています

 

スポンサードリンク

この記事をシェア♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です