【厳選】かめりさ一押し!「定番から通まで」マジでうまいオススメタイ料理6つ

スポンサードリンク

 

サワディーカー^^

今日もタイ料理を愛してやまないかめりさです🐢

最近驚く事があったんです。

ご存知の通り、
私は去年の夏から、タイに半年間生活していました。

その間に毎日タイ料理を食べてきて、
今や一週間に1ペースで必ずタイ料理を食べているほどタイ料理が大好きですw

くいすぎやろ!!

先日ママと妹に、
「あーーー、カオマンガイ食べたいね」って言ったんです。

「え?なにそれ虫の名前?人?」

・・・・・おいおいおい!!

「え!?あのさぞ有名なカオマンガイ知らないの?」

信じられなくて500回くらい聞いたけど、知らないのだそう。

ふと思ったのです。
他にも知らない人がいるのではないかと。

そそそそれはあかん!!

あんなおいしい物を!!
絶対してる!と思い、

タイ料理をもっといろんな人にしてもらいたい!

だけど、タイ料理って何頼んだらいいのかわかんない。。。

って人いると思います。

ってことで今回は定番どころから通どころまで、
かめりさがオススメするマジでうまいタイ料理を紹介していきたいと思います。


タイ料理を食べたことがない人、

私みたいにめちゃめちゃ好きな人、

タイに行ったことがない人、

これから行く人、

チャレンジしようとしてる人。

様々いると思ますが、
ぜひ参考にしてくれたらうれしいです 🙂


マジでうまいオススメタイ料理6つ

さっそく行っちゃいましょう!!

でげでげでげでげでん!

①ソムタム

まずひとつ目はソムタム

ソムタムって?
熟れる前の青いパパイヤを使った辛いサラダ。タイやラオスで食べられています。
シャキシャキしてて歯ごたえがあって女性に大人気で、
ベトナムにもマレーシア、ミャンマーにも同様なものがあるんだとか。

前の記事でもソムタムの魅力をお伝えしたように(下に貼ってあります)

美容成分もたっぷりで安くて、かめりさが大好きな一品。

タイに行くと鉢と棒をもっておばちゃんがコンコン音をたたせながら
作っています。

バンコクの料理はタイのなかでは比較的甘めに作られています。
そして、クセがあまりないのも特徴です。

ブラックコーヒーにもお砂糖を入れるほどです( ゚Д゚)

なのでバンコクのソムタムも甘めになります。

逆に、北タイやチャンマイ地方の上のほうの料理は予想を超えるほど

辛くてクセが強いので注意です。

これは私が北タイのタイの村で頂いたソムタム 😀
先ほども言ったように、北タイや上の地方の料理は、辛くてクセがあります。

クセが過ぎる~~~~w

パラーと言われる魚を発酵して作った調味料や、ナンプラーが比較的多く入っています。

初めてソムタムを食べる方は衝撃の味かもしれませんね 🙂

辛くないソムタムなどソムタムではない

(笑)辛いほうが絶対うまいです。

関連記事=タイ料理好きは知ってて当たり前!ソムタムの魅力3つ

日本にあるタイ料理やさんには
大体あるのでぜひチャレンジしてみてください^^

 

②ガパオガイ

ガパオって?

お肉と野菜、ハーブをナンプラーとオイスターソースとともに炒めた料理。タイでは主に豚の挽肉が用いられます。かめりさの大好物。

これはご存知の方多いのではないでしょうか?
トムヤムクンと同じくらい有名かな?

ガパオです!!

ガパオにはガパオガイ(鶏)ガパオムー(豚)がありますが、
よく日本でよくみるガパオはガイ(鶏)のほうです。

日本人の好みの味にかなり合わせて作っていると思います。

タイで食べるガパオはハーブがかなり効いていて
日本で食べていたガパオを想像していくと、

イメージしていたガパオとは異なっていることがあります。

実際私もその一人でした。

ガパオは炒めるだけなので簡単に作ることが出来ます 😛

私もこの間作ってみました^^

今はスーパーなどで簡単に作れるのが売っています。

なんとひき肉と炒めるだけ(笑)

味もしっかりしていて満足でした 😛

③ゲンパー



「え、何それ、聞いたこともない」
「うん、してる人周りにいないもん~~「」

だけどほんとに一押し!まじでうまい。

ゲンパーってなに?

鶏肉と季節の野菜スープカレー!たけのこ、ナス、ピーマン、ニンジン、小松菜などのパラー(魚を発酵させたもの)をベースとした
野菜を目いっぱい使っためちゃめちゃ辛いタイ北部の郷土料理です。ココナッツミルク無使用なので、グリーンカレーやマサマンカレーといったカレーとは違い、辛さがストレートに来ます。

フライングタートル君
ひえええ、からそっ。味はカレーというより塩味の激辛いスープかな

ガパオ、トムヤムクン、カイマンガイ、カオソーイ
日本でいうメジャーな料理ではなく
ゲンパーは知る人ぞ知る料理です。

私はゲンパーが好きでたべすぎてしまい、
一日中トイレと友達の日がありました(笑)

他のタイ料理屋さんにも結構行きますが、
ゲンパーがあるところは珍しいと思います 🙂

タイ料理っていろんな野菜や調味料といった原料が入っているんですけど、
このゲンパーは特に美容効果、効能がすごいんです。

ゲンパーの元となるものは一体何なのでしょうか?

ゲンパーの成分

  • レモングラス
  • 唐辛子
  • パラー(魚を発酵させたもの)
  • バイマックルー(こぶミカンの葉)
  • クラチャイ
ゲンパーの効能

  • 消化不良、ダイエットに効く!
  • 血行不良改善・冷え性軽減
  • 記憶や脳の発達を高める
  • シミ、シワ予防効果
  • 消化、血行促進効果

上に挙げたゲンパーのもととなる成分が、
いろんな効果をもたらしてくれるんです。

あまり知られいていないけど、

ゲンパーおいしい!って言ってくれる人が増えたら嬉しいです^^

ガチめに辛いので1つを4人でシェアしようw

④ヤムムータクライ

1ヤムムータクライって?

豚ひき肉とレモングラスのスパイシーサラダ
タイではレタスに載せて一緒に食べます。

これもあまりメジャーな料理ではないですが、

おいしくて衝撃を受けた一品。
レモングラスのスパイシーな味と、ライムの酸味がマッチしています。
これぞ、THE THAILANDっていうとような味がします。

⑤プーニムパッポンカリー

プーニムパッポンカリーって?

プーニムパッポンカリーとはソフトシェル蟹のふわふわ卵とじカレー炒めのことです。蟹の殻が柔らかいので丸ごと食べることが出来ます。

プーパッポンカリーは蟹の殻が固いほうの名称です。
カリーと言っていますが、そんなにカレーの味は強くない気がします 🙂

辛くないので辛い物が苦手な人やお子様にもぴったりですね 😎

⑥カノンパンナ―クン

カノンパンナ―クンって?

揚げエビパン。エビのすり身をトーストに塗り、サッと揚げたタイ名物のおつまみです。

ぷりぷり、サクサク感がたまらない~~~♡

何個でも行けるやつですw

好みに合わせてチリソースを付けて食べます 🙂


 

さあ、いかがでしたでしょうか?

今回は、【厳選】かめりさ一押し!マジでうまいオススメのタイ料理5つ

をご紹介しました 😎

今回出てこなかっ定番料理の

トムヤムクン(酸味と辛味のきいたタイの代表的なスープ)や、
パッタイ(米粉でできた中太の平たい麺で作る焼きそば)、
カオソーイ(ココナッツミルクが効いたカレーヌードル)などもおいしいのでチャレンジしてみてくださいね 😛

タイ料理っていろんな材料合って大変ってゆうイメージだったけど、
お家でも簡単につくれる時代がついにきたみたいです 🙂
10分で本格タイごはん

今日の夜ごはん何食べよ?

🐢

スポンサードリンク

この記事をシェア♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です